香典返しのマナーとカタログギフトの利便性について【Your Gifts】

高価な商品もあるカタログギフト

カタログギフトは、香典返しとして贈られる事もあるモノです。その中には、高い値段のモノが入っている場合があります。それを以下のランキングにまとめてみたので、チェックしておきましょう。

カタログギフトで引き換えされているアイテムベスト3

no.1

チケット

カタログギフトに入っている中で、温泉のチケットやレストランのチケット等があります。体験型のギフトは思い出として残すことが出来るため、ランキング1位に選ばれました。

no.2

スイーツ

カタログギフトのスイーツは、デパ地下などで販売されているモノがあり、価格設定が高額になっています。また、そのスイーツは様々な高級有名スイーツ店にて販売されているモノでなかなか手に入らないものも少なくありません。それが、2位に選ばれた理由はです。

no.3

ブランド物

有名ブランドのお皿セット等が、カタログギフトには掲載されています。ただ、そのブランドの種類は、カタログギフトによって異なるようです。自身ではなかなか購入しないブランドアイテムが第三位に選ばれています。

半額返しがマナー

香典返し

香典返しは、四十九日の法要が終わってから2週間以内に贈るのがマナーです。時間が限られているため、一人一人のために品物を選ぶ時間がないため、カタログギフトが便利だと好評です。香典返しの金額は、貰った香典の半額から3分の1が相場となっています。ただし、高額の香典貰った場合は半返しをする必要はなく、4分の1以下でも失礼にあたりません。1万5000円を限度に考えると良いでしょう。香典返しの定番の品物はタオルや石鹸、お菓子などの消えものですが、肉や魚、お酒などは消え物といえどもマナー違反になります。送るときはお礼状を添えるのがマナーとなっており、お香典をもらったお礼を述べるとともに法要が無事に終わったことを報告します。また、香典返しにはのしを付けるのが一般的で、配送するなら内のし、手渡しするなら外のしにしましょう。企業や会社から香典をもらった場合は、香典返しをしなくてもよいという暗黙の了解になっています。

好みの品を選んでもらえる

香典返し

一昔前までは香典返しに何を贈ればよいのかわからない人には、デパートなどの金券を渡すのが一般的でしたが、近年はカタログギフトを贈るのが主流です。カタログギフトの特徴は、ジャンルを問わず様々な商品が掲載されているため、好みに合わせた品物が選んでもらえるところです。手渡しの場合は特に、重い品物だと遠方の人は持ち帰るのが大変ですが、カタログギフトならかさばらず持ち運びに便利です。様々な価格帯のカタログギフトが用意されているので、お返しする額に合わせてカタログが選べます。マナーにのっ取ったやり方で、好きな品物を選んでもらえます。送料が無料になったり、割引してくれたりする業者もあるため、いろいろな業者のものを比較して決めるのが賢明です。

広告募集中