内祝いで選ぶ様々な贈り物と相違点がある2つの贈り物の比較【Your Gifts】
HOME>注目記事>内祝いで選ぶ様々な贈り物と相違点がある2つの贈り物の比較

異なる「贈りモノ」の意味とは?

内祝いとお返しを一緒の意味に捉えている方もいるでしょう。しかし、それらは下記のような違いがあるので注意してください。

間違えやすい内祝いとお返し

内祝い

内祝いとは、出産や結婚などの祝い事があったと、家族や親せきに報告・挨拶する為に贈るモノです。お祝いのお返し品とは別物になり、一緒に祝い事について喜ぼうという意味で贈られます。

お返し

お返しは、何らかのお祝い品を頂いた際に贈るモノになります。その際に、あるモノはお返しをしなくても大丈夫になっています。それは、初節句や七五三などの子供の成長を祝う贈りモノです。何故なら、自分で稼いでいない子供がお返しするのは不要と考えられているからです。

内祝い

実用的な品物を選びたい

結婚を経験したカップルや、待望の赤ちゃんを出産した人、怪我や病気で入院をした人は、多くの人にご祝儀やお見舞いを受け取るため、感謝の気持ちを伝えるために内祝いギフトを贈りたい人が増えています。内祝いギフトは受け取った金額の2分の1か、3分の1ぐらいの商品を選ぶと良いでしょう。結婚や出産などの内祝いには、日持ちのするお菓子やお米、ワインなどのお酒類、タオルやシーツなどの実用的な商品がお勧めです。地元で人気の専門店に足を運ぶと、豊富な在庫が揃っているので、じっくりと比較してから購入すると良いでしょう。

快気祝いには消え物が人気

怪我や病気などで入院をしていた人は、体が回復してくると快気祝いの内祝いギフトを贈りたい人がほとんどです。快気祝いには食べて無くなったり、洗剤や石鹸、ボディソープ、シャンプーなどの消え物だったりがお勧めです。日用品や消耗品は毎日使用してもらえるので、受け取った人が喜んでくれます。日持ちのする洋菓子や和菓子、高級なお米などもお勧めです。大切な人にゆっくりとティータイムを楽しんでもらいたい場合は、高品質で上質なコーヒー豆や香りの良い紅茶、果物を使ったジャム、ハチミツなどもお勧めです。感謝の気持ちを込めて内祝いギフトを選びましょう。

広告募集中